記事一覧

佐藤雅彦著『考えの整頓』を紹介します。

こんにちは。こんばんは。佐藤雅彦著『考えの整頓』を紹介します。著者はピタゴラスイッチなどを世に出した方で,先日,別の著書『新しい分かり方』を読んで以来ファンとなり,本書も読んだ次第です。関連記事…ピタゴラスイッチの生みの親・佐藤雅彦著『新しい分かり方』を紹介します。2冊を読んでみると結構同じテーマのものもあり,著者が大事だと思っていることがより分かります。「分かる」とか「考え」などがテーマの2冊です...

続きを読む

ピタゴラスイッチの生みの親・佐藤雅彦著『新しい分かり方』を紹介します。

こんにちは。こんばんは。佐藤雅彦著『新しい分かり方』を紹介します。ハードカバーの結構高い本ですが,文字情報は多くありません。見て楽しい本です。小学生くらいのお子さんがいる人など,子どもに見せる機会がある人は自分とその子で二度楽しめるでしょう^^ では,紹介していきます。本の紹介前半特に言葉の説明はなく2枚の写真があり,「あ,1枚目の写真が2枚目でこうなった!」という変化を楽しむページが冒頭に数ペ...

続きを読む

高橋透著『文系人間のための「AI」論』を紹介します。

こんにちは。こんばんは。本書の読みどころは次の2点です。・ディープ・ラーニングの解説・全く新しいテクノロジーとの向き合い方タイトルからはあまり想像できませんでしたが,本書で初めてディープ・ラーニングの仕組みがつかめた気がします!人工知能(AI)に関する本は数多くあり,数冊読みましたが,初めて理解できた気がします!まずそこに感動しました!ディープ・ラーニングはすごい!ブレークスルーだ!というのはよく読...

続きを読む

奈須正裕著『「資質・能力」と学びのメカニズム』を紹介します。

こんにちは。こんばんは。本書は,物事の「見方・考え方」を学び,学校での勉強が学校だけのものに留まらず,社会に出ても活かせるような学びについて書かれています。暗記させて,テストでいい点をとらせて・・・ということに疑問をお持ちの方にとって,多くのヒントが詰まった1冊です! やはり,学校の勉強は卒業すると全く意味のないもの,と思われるのはなんとも寂しいものですね。しかし,なぜ勉強するのか十分説明せず,...

続きを読む

深沢真太郎著『数学的コミュニケーション入門』を紹介します。

こんにちは。こんばんは。数学を勉強すると,相手に納得してもらえるような説明ができるようになります。唐突に上のようなことを言われて,どのように感じたでしょうか。「そうだと思ってた!」「まさか~。数学と説明って,全然関係ないじゃん(笑)」いろいろな反応が予想されます。書名に「コミュニケーション」とありますが,本書は伝え方に焦点を当てた内容です。・数字を交えて説明する・論理的に説明するこのような説明を聞く...

続きを読む

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-100%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。