記事一覧

アクセスアップ大作戦~面白い・役に立つ・わかりやすい記事とは?~【現在進行形】

こんにちは。こんばんは。


日々,アクセスアップのための試行錯誤をしております。


woman-with-basket-898239_640.jpg


良記事を書く




アクセスアップの基本は,「良記事を書く」こと。
これに尽きます。
人気のある(pvの多い)ブログを読んで,研究しています。


次のことを実践中です。


中身をブラッシュアップ


キャッチアップ画像(写真)→タイトル→本文→タイトル→本文・・・
という形式を骨格として書いています。最初に導入文を入れる形式もアリ。


問題は中身ですね・・・。
読みやすい文章になるように,日々修行です。


リライトすると,「こういう表現はわかりにくい」と客観的に見ることができ,表現のストックが増えます。
新規投稿も大切ですが,重要なテーマの記事は定期的に見直すとよいでしょう。
古い情報も新しくできるし,重要なテーマということは世間の関心も高いはずなので,pvの上乗せも期待できるでしょう^^


・キャッチアップ画像について


Pixabay」いいですよ!
最近はこのサイトばかり使っています^^;
登録も必要なく,自由に無料で使えます。センスの良い写真が多いかな!?(センスのない私が言うのもなんですが・・・)


・タイトルについて


ブログのタイトル,カテゴリのタイトル,記事のタイトル,本文中の小タイトル・・・
ブログはタイトルであふれています。
その一つ一つが検索にヒットするかどうか,検索でヒットしたとき訪問したいと思うかどうかの重要な要素である!
ということは重々承知しているのですが,,,今後も人気のあるブログを読んで,キャッチーなタイトルが付けられるようになりたいです。。。


タイトルはその記事の顔ですからね。
かっこいい考え方,かっこいい生き様,いろいろありますが,
顔がかっこいい≒そのひとがかっこいい
となってしまいますよね^^;
[一言メモ]タイトルがよい≒その記事がよい


記事のタイトルは検索結果の表示などのため,28文字以内に収めるとよいそうです。


あと,数字を入れるとインパクトに残りやすいと,よく言われています。「これだけはやっておきたい!○○○のための5つのこと。」のような感じですね。
※当サイトでは,,,あまりこのようなタイトルがありません(´;ω;`)課題ですΣ(゚Д゚)




【本の紹介】



この本は,たった1行で実際にバカ売れした事例がたくさん載っています。


例えば,
「ダイソン。吸引力の変わらない,ただ一つの掃除機。」
「芸能人は歯が命」
「レッドブル,翼をさずける」
などです。
いいタイトルというのは,共通の特徴がないようにみえて,10の型に分類することができる。この型を把握しておけば,良いタイトルが付けれる・・・とのことです^^;




・テーマについて


基本的に当ブログは「高校数学」に関する記事を書いています。が,サイト制作の裏側や読んだ本の書評も書いたりしています・・・
たくさん書くと,文章力も向上するということで,,,手広くやっていきます!


更新頻度も重要です。
頻繁に更新すると,検索エンジンに「このアドレスなら上位表示しても安心^^」と思ってもらえる。。。
そんな気がします。
そのような感情的な動機ではなく,更新頻度も大きな要因となっていて上位表示されるようになるのでしょう。


・わかりやすさ


良記事は,すべてわかりやすい!
ただ表現がわかりやすいだけではなく,例えを用いて説明したり,書籍などを引用して客観的に正しいことを示したり,図を用いて視覚的にも理解しやすくしたり・・・
やることは多いですが,つねに「わかりやすく」を意識して書いていくぞ!


※※※
ブログの中で数式を記述するときは,jpegでアップします。
自分はwordで数式を記述することに慣れているため,
・wordで数式を記述しpdfで保存
・pdfをsmallpdfというサイトでjpegに変換
・ブログにアップ
という手順で,随時数式を更新中~
余談ですが,「smallpdf」を見つけたときは狂喜乱舞しました(笑)
こんなすごい機能を無料で利用できるなんて・・・いい世の中になりましたね。
smallpdf-apps-color.png
※※※


・文字数について


多くのアクセスアップに成功した皆様が,「記事の文字数は多い方がよい」とおっしゃっています。徐々に長く書けるようになってきた気はしますが,
・わかりやすい方が重要
・自分の実感として,短くても良記事なものはある
ということがあるので,「長く書くこと」は,絶対にしなければいけないことという感じではなく,「努力目標」ととらえています。




追加事項




新たに取り入れたことを追記していきます。


・ツイッターのフォローボタン


こちらの記事を参考にしました。


・HUE/360


「Webサイトの配色で困った!」→「HUE/360使えば良いじゃない」
ということで,こちらの記事を参考にして,「HUE/360」を利用して「例題&問題集」の配色を少し変えました。


・グーグルの,サーチコンソールに登録してみた


こちらの記事を参考にしました。


・Amazon.co.jpアソシエイト(アフィリエイト)を始めてみた


こちらの記事を参考にしました。
『読書日記』というカテゴリで,本の紹介をしています。高望みはしませんが,少しでも稼げるなら,やっぱりうれしい^^;


・ブログタイトルとハンドルネームを変更


検索のしやすさから,アルファベットを含んでいたものを,カタカナ・ひらがなのみにしました。


~追記~


プロフィール画像をデメキンちゃんにしました~
あくありうむ感がでたかな?^^


・語尾に変化を持たせる,1文を短くする


イケダハヤトさんの「武器としての書く技術」を読み始めました。全部ものすごく参考になる本です。その中でも,同じ語尾が続くと退屈するので変化付けた方がよいというのはすぐに取り入れられます。これは思い当たる節が・・・
これまで記事を書いた後に,なんとなく読みづらいな~と思うことがあったのですが,このことが原因ですね^^;
また,1文を短くすることを意識するようにしています。ついつい長くなるorz
読みやすくなるように,意識しなくても文を区切れるようになりたい!


~追記~


・語尾に変化を持たせることをやめた
自分には合ってなかったようです。。。orz
無理に変化を持たせるより,自然に書くことを優先しました。


・fc2ブログを有料プランに,「【高校数学】例題&問題集」を独自ドメインにした


詳しくはこちらの記事で。


・Google AdSenseを始めてみた


詳しくはこちらの記事で。はてなブックマークのボタンも参考になりました。


・PC用のテンプレートを 「basic_white」 に変更した


今まで全体が見づらかった直近の5記事が,見やすくなりました^^
「はてなブックマークのボタン」や「Google AdSense」のコードを貼りなおす必要があります。


・スマホページの記事下にカテゴリ一覧を追加


詳しくはこちらの記事で。


・feedlyのボタン


こちらの記事を参考にしました。


・記事下に,「記事のタイトルとURLをコピーする!」ボタンを追加しました


こちらの記事を参考にしました。


・ファビコンを追加


こちらの記事を参考にしました。
ファビコンとは,アドレスバーやお気に入りに表示されるときのタイトルの横にある小さなアイコンのことです。
当サイトのファビコンは,チンアナゴです。




・プラグイン,カテゴリは随時変更しています。(2017.1)
・コメントをいただけるようになってきたので,少し前進した感じがします^^


・継続は力なりということを実感しています。(2017.6)
それなりの期間続けましたが,この間に更新が止まってしまったブログもあります(泣)
続けているだけで,強いドメインが更新をやめ新しいドメインが増えていき検索順位が押し上げられていく。。。
もちろん,記事の内容が最重要ですが,それも継続することで向上するでしょう。
続けるためのモチベーションが,「続ければ結果が出るようになる」となればこっちのものですね^^
アイデアは,不思議なことですが自然とわいてきます^^


それでは~


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-100%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。