記事一覧

【高校数学】割り切って,折り合いをつける勉強法

ff238f6cc24c7702627902c7784b7682_s.jpg

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。




今年は,
・「【高校数学】例題&問題集」の網羅
・アクセスアップのため,ブログの良記事量産

を頑張りたいと思います!




「割り切って,折り合いをつける」方法論




今回の記事は,
「定期テストでなかなか良い結果が出ない」,「受験勉強でやることが多くて不安」
と思っている,偏差値50台後半~60台前半の大学を志望校とする高校生向けです。




中間テストや期末テストと呼ばれている定期テストでは,次のことがポイントになります。
(1) 通常の授業
(2) 試験前のテスト勉強


受験勉強も,同じようなポイントになります。
(1) 教科書の内容理解
(2) 入試過去問をこなす


どちらも,(1)を基本とし,(2)で肉付けをする,という構造になっています。
今回は,(1)が完ぺきではないとき,(2)をどうするかについて書いていきたいと思います。


【割り切る】


計画を立てて,それを遂行することは,目標達成への最短ルートです。
これは素晴らしいことですが,途中でペースが乱れたとき,完ぺきに取り戻そうとしたが無理で,中途半端に終わってしまったという経験はありませんか?


一番よくないのは途中で投げてしまうことで,ペースが乱れようがとにかく続けることが大事です。
定期テストの場合,完ぺきに仕上げてテストに臨もうと計画を立てたが,難しい問題にぶち当たり,その問題で四苦八苦しているうちにテストの日を迎えてしまった・・・
というようなケースを避けるにはどのように行動すればよいでしょうか?


それは,最高の計画のほかに,「最低限これだけはやる」という計画もあらかじめ立てておくことです。
例えば定期テストの場合,「教科書の章末問題まで完ぺきに仕上げる」という最高の計画のほかに,「教科書で習った定理・公式を使えるようにする」という最低限の計画も立てて実行するれば,平均点は確保できると思います。
受験勉強の場合は,「わからない問題はわかるまで考える」という計画のほかに,「わからない問題は答えを写して覚える」ということも許容すれば,効率的な勉強ができるのではないでしょうか。


勉強がストップしないようにする仕組みを作ることを意識してみてください。


※※※
途中で投げてしまうことが一番よくないですが,計画を再々変更すること(ハードルを下げることに慣れること)もあまりよいことではありません。最高の計画をなるべく実現するように頑張ることは大切です。そのために,頑張れば実現可能な計画を立てることも重要です。
※※※




【プチ宣伝】


当サイトの「【高校数学】例題&問題集」で扱っている内容は,各分野の教科書レベルの代表的な問題です。教科書レベルの内容を言い換えて,受験対策に入るまでに最低限抑えておくべき内容の例題+練習問題を扱っている,とも言えます。


だいたい,教科書1章分の内容を10題前後に絞っています。
・定期テストで平均点確保のための最終チェック
・教科書が終わり,受験対策に入る前の復習 ← 全分野をする必要はなく,苦手な分野のみでよいと思います。


理想は,定期テスト前,または受験対策前までに教科書の章末問題まで完ぺきに仕上げることかもしれませんが,なかなかそこまでできる人は少ないでしょう。逆に,定期テスト前なのに,公式が覚えきれてないかも・・・ということもあるかもしれません。そんなとき,当サイトを利用して「最低限これだけはやる」という計画を実現していただければ幸いです。




【折り合いをつける】


(1)を不真面目な理由(漫画やゲームなど)でサボってしまった場合,(2)で挽回するしかありません。
よくはないですが,失敗をしない人間はいないので,気にしすぎることもないでしょう。あまり続くと,志望校合格が遠のくことになるので,今何が大切かを常に考えるようにしてはどうでしょうか。


勉強がストップする理由が不真面目なものばかりではありません。先ほどは難しい問題にぶち当たった場合を例に挙げましたが,これも不真面目な理由ではないですね。むしろ,真面目な理由の場合の対処が厄介な場合が多く,どのように折り合いをつけるかが重要になってきます。


数学の勉強をしていると,次のような疑問を持つことがあります。
1.「なぜなのか?」
2.「将来役に立つのか?」


1.は小学校の算数になりますが,分数の割り算をするとき,ひっくり返して掛けるのはなぜか?という疑問を持ち,そこからストップしてしまい算数が苦手になるケースが多いようです。高校数学では,なぜsin,cosを考えるのか?なぜ虚数を考えるのか?といったことを疑問に持った人がいるかもしれません。


ここで断っておきますが,「そもそもなぜなんだろう?」と考えることはとても重要なことです。常識と考えられていたことに疑問を持ち,やがて世紀の大発見をしたという話はいくらでもあります。
なので,疑問に思うことは素晴らしいことですが,勉強がストップすることを避けるため,自分の中で折り合いをつけて,ひとまず受け入れてはいかがでしょうか。


だいたい,数学の勉強を進めるうちに疑問が消え,後から考えると「まぁ,必要かな」と思うようになると思います。


2.は,数学の各分野に理由らしきものはありますが,自分の将来には関係ないかもしれないという別の疑問も生じます。
これも折り合いをつけて勉強を続けてはいかがでしょうか。数学の内容が直接将来役に立つことはあまりないと思いますが,定理・公式の使い方を理解し,問題に適用するというプロセスは,社会人になって仕事を覚える・成果を出すプロセスに通じるものがあると思います。


※※※
数学の各分野がどのように活用されているかは,別の記事にするか,既にほかの方が記事にされているなら紹介したいと考えております。やっぱり,いま習っていることが何に役立つのかを知ることはモチベーションアップになりますよね。
※※※




私からは以上です。
以下にほかのサイトで参考になると思った勉強法を紹介します。


『高校数学の美しい物語』:大学受験数学の勉強法(3つのコツ)
『受験の月』:高校数学の勉強法 ※重要※ ←サイトをスクロールするとすぐに見つかると思います。


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-66%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。