記事一覧

【高校数学】教科書に載ってない!?数学用語集(現在5個)

こんにちは。こんばんは。


・問題集の解答,模試の解説で,意味不明な用語を見かけた
・数学の授業中,いきなり意味不明な用語がでてきてチンプンカンプン


こんな経験はありませんか?


ここでは,教科書には載っていないけど,わりと使われている数学用語を説明していきます。


※ここに出てくる用語が載っている教科書もあります。『すべての』教科書には載っていない・・・ということにさせてください^^;


万が一,入試本番でそのような用語に出会うと,どうしようもないですよね;;
そのようなことがあってはいけない! ということで,まとめてみました。


ここで説明されていないけど,いきなり登場してビックリした用語がありましたらコメントくださいm(_ _)m
随時追加していきます。コメントはツイッター(@math_aquarium)に送っていただいても結構です~


cactus-1059633_640.jpg

三角形を解く


『三角形を解く』とは,三角形のある辺の長さと角の大きさが与えられたとき,残りの辺の長さや角の大きさを求めることです。


この用語が問題文の中で使われているのを見たことがないので,知らなくても困ることはないでしょう^^;
例えば,「△ABCにおいて,∠B=45°,BC=√3,AB=3のとき,辺BCの長さ,∠A,∠Cの大きさを求めよ。」という問題はよく見ますが,「△ABCにおいて,∠B=45°,BC=√3,AB=3のとき,△ABCを解け。」という問題は見たことがありません。
ちなみに,三角形の3つの辺,3つの角のことを三角形の要素といいます。これも知らなくても困らないはず・・・




垂線の足


下の図のように,AB⊥PHのとき
・直線PHは,点Pから直線ABに引いた垂線
点Hは,点Pから直線ABへ引いた垂線の足
といいます。
ある点から平面に垂線を引いたときも,垂線と平面の交点を 垂線の足 といいますよ。


yougo-2.jpg

これは,最近見なくなったな~と感じる用語です。一昔前はよく見かけましたが。




大円


球面と平面が交わるとき、共通部分は円となります。(玉ねぎのスライス面は円形ですね。)
このうち,交差する平面が球の中心を通る場合にできる円を大円(だいえん)といいます。


yougo-1.jpg

横でも縦でも,真っ二つに切った切り口が大円です。この用語は,入試問題で見かけてビックリしましたΣ(゚д゚|||)
当然,初見では解けなかったです。
過去問を解いているときだったのでよかったですが^^;




三角方程式,三角不等式


1.三角関数を含む方程式・不等式のこと


例えば,
cos2θ+cosθ=0
2cos2x+sinx<-1
のような等式,不等式のことを,三角方程式,三角不等式といいます。


2.三角形の2辺の長さの和は,1辺の長さより長いことに由来する不等式のこと


|xy|≦|x|+|y|
という形の不等式を,三角不等式といいます。この不等式はxyが実数だけでなく,複素数のときも成り立ちます。


「三角不等式」は,それまでの流れでどちらか判断しなければなりません。1.の意味は三角比や三角関数のときくらいですが,2.は代数(計算分野)や幾何(図形分野)など幅広い分野で登場します!




上から抑える,下から抑える


これらは不等式に関する用語です。
yougo-3.jpg
「相加平均は相乗平均で下から抑えることができる。」のように使います。


また不等式は,評価式,評価する,のように表現されることも。
π>3
π>3.1
π>3.14
これらは,「円周率πの評価式」,「円周率πを3,3.1,3.14で評価する。」のように使われたりします。




どんどん追加していきます!
追加する用語があればお教えくださいm(_ _)m


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-66%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。