記事一覧

2017年のセンター試験【数学】の平均点:数学ⅠA 55.27点,ⅡB 47.92点に思うこと

こんにちは。こんばんは。


最終発表から少し経ちましたね^^;
思うところをつらつらと書いていきます。来年以降に受験予定の方に向けた記事です~


the-strategy-1080527_1280.jpg


意外と低かった




センター試験を解き終えた感想は,「普通かな」でした。
web上に公開しているセンターの分析・解説を見てみても,易~普通という評価がほとんど。
数学ⅡBは試験時間にくらべて出題量が多いので,平均点は
   数学ⅠA 60点台,ⅡB 50点台
くらいかな~と予想しておりました。


ふたを開けてみると,数学ⅠA 55.27点,ⅡB 47.92点だったので,意外と低かったな~という印象を持ちました。


まず最初に思ったことは,「実力通りの点数がとれていない」人が結構いるかも,です。
センター試験は60分×2しか時間がなく,考え込んでしまうとすぐにタイムオーバーになってしまいますよね(;д;)
センター対策の難しいところは,よっぽど計算の速い人を除き時間配分もしっかりと考えなければいけない点にあります。


来年以降に受験予定の人は,次のことも考えてみてください~




センター試験における重要度ベスト4




あくまでも私の主観です。
1.公式を覚える
2.計算ミスを減らす
3.解ける問題を解く
4.受験テクニックを覚える


それでは,1つずつ見てみましょう~


1.公式を覚える


これはやはり基本なので,覚えていないと太刀打ちできませんorz
「公式」と書きましたが,実際には「教科書の例題の解法」と読み替えてください^^;
たすき掛け(因数分解),解の公式,2次関数の頂点を求める,正弦定理・・・
定期テストで出題されるような基本事項は,センター試験でも基本となります。


※※※
当サイトでは,「【高校数学】例題&問題集」で定期テストレベルの教材を無料公開しております。
プチ宣伝でした~
※※※


2.計算ミスを減らす


人間なので,ミスを0にすることは難しいですが,少しでも減らすことならできます。
「正解できる問題で失点しないこと」は,すごく重要です!


こちらの記事も,ぜひ読んでみてください。
計算ミスを減らすための4つの方法  『高校数学の美しい物語』より


3.解ける問題を解く


上の2つは当たり前のことで,重要度も高いですね。
今年受験した人も,上の1,2は取り組んだことでしょう。それなのに,平均点は低かった・・・


そこで,「3.解ける問題を解く」の登場です!
これは言い換えれば,「試験時間を有効に使い,解ける問題を残さない」となります。


試験が終わった後に,「この問題解けるわorz」という問題が残っていたらもったいないですよね・・・


これは,途中の難問・奇問で時間を使ってしまいタイムオーバーとなった,というパターンが多そうです。
では,なぜこうなるのか?次のことが考えられます。
・満点を目指しているから。←問題をとばすと満点は取れない。
・時間配分を考えるという習慣がない。


まず,「センター試験は,試験時間が短い」という意識をもって取り組みましょう。
センター試験の直前になると,過去問や模擬試験を解くと思いますが,そのときは時間配分も重要な要素と思って取り組んでみてください。


過去問を見てみますと,「変な問題」が割と出ています。
このような問題は,事前に対策をすることはほぼ不可能で,その場で対処しなければなりません。そのような問題に時間がかかってしまい,解ける問題を残してタイムオーバー,となってしまうケースが割とありますね(´;ω;`)


・満点を取ることが目的なのか?
・志望校に合格することが目的なのか?


このことと向き合い,時間がかかりそうな問題は勇気をもってとばすということも選択肢に入れてみてください。
そうすれば,センター試験本番でも実力通りの点数が取れるはず!


4.受験テクニックを覚える


この中では,重要度は一番低くなります。
センター試験の1か月後には2次試験が控えていますね。2次試験対策は受験テクニックが必須なので,難しい問題をガンガン解いていくことになります。だけど,センター試験だけを見れば,そんなに受験テクニックは必要ありません。誘導に沿って解いていけばよいので,単発で見れば難しい問題は多くないです。


時間が短いセンター試験では,通常のやり方では長くかかってしまう計算を,一瞬で求められる方法が有効な場合があります。ただ,この方法を知らなくても十分高得点が狙えますよ。
高得点を取るためには裏技が必要,というわけではありません。2.の計算ミスを減らすことや,3.の解ける問題を解くことの方が重要で,裏技は余裕があれば覚える,くらいでよいでしょう。


2次試験対策をしていると,難しい問題を解くことが重要だと思ってしまいますが,センター試験に限っては確実に・時間内に説くことが重要です!




まとめ




・難しくて平均点が低い
・易しくて平均点が高い
年もありますが,今年は「易しいのに平均点が高くない」と思いました。
解ける問題を確実に解いて,平均以上の点数をゲットしてください!




関連記事
・・・【数学】新課程2年目となる2016年センター試験が終了。これを踏まえて2017年のセンターについて考えてみる。
・・・2016年センター試験数学ⅠAのデータの分析について


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-100%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。