記事一覧

面白いブログのネタと数学の鉄板ネタとの共通点

こんにちは。こんばんは。


ブログなど,何か発信している人に向けた記事です。
つねに新しいこと,ほかの人とは違うことを発信しなければいけないという考えにとらわれていませんか?


old-books-436498_640.jpg

ブログのネタがないな~
と考えていたとき,ある記事を見かけました。


「面白い・重要なテーマは,何度書いてもよい」




ブログの記事を書くとき,
読んだ人が「ためになった」と思える
ようにしたいと常々考えています。


価値がある記事=今までにない記事
とばかり考えていました。


もちろん,今までにない記事には価値がありますね。
・新しいことを知ってタメになる!
・ほ~,そんなことがあるのか~!
と好奇心が刺激されますよね^^


ところが,面白い・重要なテーマなら,ほかの人がすでに投稿していたり,自分のブログで同じテーマの記事がある場合でも
「自分の書きたいテーマは,何度も書いた方が良い!」という記事が(;゜0゜)


これを見たとき,目からウロコが落ちました!




面白いブログネタ




ブログ記事の参考にするために,ほかの方の書かれた記事をよく読みます。
・こんなことをやって、こうなったよという体験報告。
・その人の考えを述べた記事。
・ブログ運営に関するノウハウ。


なんとなく、読む記事って傾向が似ているな~と思い始めていたところでした。
「面白い・重要なテーマは,何度書いてもよい」という記事を見かけてから,このことも納得!




数学の鉄板ネタ




高校数学にも,導入などで使う鉄板ネタがあります。


・黄金比にまつわる話
本やはがきの横:縦の比です。これが人間が美しいと感じる比だそうで,建築物や芸術作品に見て取れます。
また,正五角形やフィボナッチ数列などにも出てくる,興味が尽きない話題です!


・40人のクラスに同じ誕生日の人がいる確率
40人のクラスで,全員が違う誕生日となる確率は約10%
つまり,40人のクラスの中には90%の確率で同じ誕生日の人たちがいる,ということになります。
40人のクラスに自分と同じ誕生日の人がいる確率は約10%で,これはめずらしいことです。
この,「自分と同じ誕生日の人がいることはめずらしい」ということと,「40人のクラスの中には同じ誕生日の人たちがほぼいる」ということが一致せず,数値で示されるとびっくりする!
ということで,こちらも鉄板ネタです^^


古くから本に載っていることですが,初めて聞くと面白い話題ですよね^^




すでに誰かが書いているテーマを書いてもな~^^;
という気持ちが今でも残ってはいますが,自分なりの味付けをすれば書いてもよい!と思うようになりました^^


実は,鉄板ネタは身の回りにあふれていることにも気づきました。
・ヒット曲
・ドラマのシナリオ
・お笑いのネタ


これらにも普遍的な鉄板ネタがあり,演じる人・歌う人が自分の色をつけ足してリリースしていますね。




「初めて読む人にとっておもしろい!」
「自分なりの味付けをする」
これらができれば,ブログ記事として立派に成立するのかなと思う今日この頃です。


もちろん,独自のネタもバランスよく混ぜていきたいです^^;




ということで,すでに多くの方が投稿している
「ブログのネタがなくなったとき,どうする??」
という記事を書いてみました。


参考になれば幸いです^^


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-66%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。