記事一覧

【高校数学】アクティブ・ラーニングの理想と現実

こんにちは。こんばんは。


ここ最近,アクティブ・ラーニングについてあれやこれやと書いています。
と同時に,いろいろと情報収集もしておりました。


そこで,最初の方に読むであろう,次の公開されているPDFをご紹介します。
私はつい先日読みました(笑)
知ってる方・すでに読んだ方も多いと思いますorz


↓文部科学省が公開しているPDFです。
アクティブ・ラーニングに関する議論


↓名古屋商科大学が公開しているPDFです。
アクティブラーニング失敗事例


失敗事例は,一会社員の私にとって大変ありがたい資料です^^
これらの資料から,具体的な問題点が整理できます。ありがたやm(_ _)m


ところで,ツイッターで情報収集していると,様々な個人の意見に出会いました。
勝手ながら,気になったツイートはリツイートさせていただきました。


そこには,「アクティブ・ラーニングはいずれ下火になり,やがて消え去る」といった意見もありました。
突然ですが,私の意見を述べたいと思います(笑)


・AI(人工知能)が発達し,近い将来社会に出てくる。
・ただ話を聞くだけの授業は,貴重な時間を無駄にしている面があるので変わったほうがよい。
ということから,
〔知識の多さを競う大学受験が終わる〕→〔知識を詰め込む授業が変わる〕
という流れになるではないかと考えております。


アクティブ・ラーニングを実践している高校の在校生または卒業生の方の感想は,「やってよかった♪」という感じで概ね肯定的でしたね。大学や会社に入れば「協働」作業が多いので,早めに体験できてよかったというツイートが多かったです。


一方で,名古屋商科大学が公開している失敗事例もあり,「ただ導入すればよい」ということではありません。
問題点を整理し,アクティブ・ラーニングが効果的な学習となるチェックポイントをまとめてみましょう^^
私は主に「高校数学」における「アクティブ・ラーニングが捗る教材」を開発する視点で考えますので,ご意見・ご感想をいただければ大変ありがたいです!


landmark-1464743_640.jpg


アクティブ・ラーニングに関する議論【文部科学省】




これは,2016年8月時点での文科省の見解をまとめたものです。
文科省の見解なので,把握しておいて悪いことは一つもありませんね。
(まだサラッとしか読んでいないので,しっかり読み込みたいと思います^^;)


気になったのは次の2点。
・アクティブ・ラーニングの導入に本気であること
・高等学校基礎学力テスト(仮称)は,国語,数学,英語での実施が検討されていること


「何を今さら」レベルですが(笑)
役所の文書なので分かりにくい部分もありますが,石川一郎著『2020年の大学入試問題』を読んだ後だったので,「文科省,本気だな!」と感じました。
センター試験を廃止し,大学入学希望者学力評価テスト(仮称)の問題を検討しているところに本気度がうかがえますね。


あと,高等学校基礎学力テスト(仮称)は5教科とばかり思ってました^^;
学習の定着度を診断することが目的とありますが,,,
このテストで良い点・悪い点をとったらどうなるのか,イマイチはっきりしない部分があります。
とりあえず,多くの参加を期待しているようです。どのような扱いになるのか,要チェックですね!




アクティブラーニング失敗事例




ポイントをだ~っと挙げてみます。
・グループ学習にはリーダーが必要
・プリントにまとめさせて提出させる方法は有効
・アクティブ・ラーニングで学習することの説明が一番大事!→先生の事前準備が肝心


大学生が対象のアクティブ・ラーニングのため,若干高校生とは異なる部分があります。


※※※
大学生の場合は必要な知識は自分で調べて,大学の授業ではつねに議論するという形式だったと思われます。
高校生の場合,新たな知識・技能を講義型授業で習得し,アクティブ・ラーニング(グループ学習,体験学習)をするという流れになるでしょう。
※※※


先生が生徒の自主性に任せすぎると活発な議論が行われず,介入しすぎると自由な発想を奪ってしまう。
実体験によるリアルなレポートとなっています。公開したくない情報もあったと思いますが,,,ありがたやm(_ _)m
これは,経験を積むことと,「受け身の授業から脱却しなければ!」という強い意志で継続的に取り組むしか改善の方法はなさそうですね。


アクティブ・ラーニング(議論)を通して自分の考えを広げ,「新たな価値を創造する」人材が 求められています。
そのために微力ながら少しでも貢献できるよう,アクティブ・ラーニングに関する記事を書いたり,教材の開発に取り組みます。
「議論した内容をまとめて提出するためのプリント」をうまく作ればスムーズな議論に寄与できるかもしれません。
理科の実験プリントがよいサンプルになりそうですね^^
興味のある方,共感していただける方はコメントをお願いします!


ツイッターアカウントのフォローもお願いしますm(_ _)m
PCで閲覧していただければトップページにフォローボタンを設置しております。
是非意見交換をしましょう!


それでは~


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-66%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。