記事一覧

アクティブ・ラーニングの評価の要,ルーブリックとは

こんにちは。こんばんは。


「ルーブリック」 というものをご存知でしょうか?
実は,,,これ,,,アクティブ・ラーニングの評価の要なのです!


checklist-1622517_640.jpg

私は,次の雑誌で「ルーブリック」を知りました^^;
中学数学のアクティブラーニングの実践例・ルーブリック例が載っていますが,高校数学にもものすごく参考になります!



今回は,ルーブリックを紹介する記事となります。
それでは,いってみましょう~




ルーブリックとは,評価指針




ルーブリックとは,アクティブ・ラーニングにおいて「これが出来れば○点」といった指標です。
百聞は一見に如かずですね。
次をご覧ください。


まずは,「観点別のルーブリック」です。



観点別のルーブリック例
数学的推論数学化(モデル化)
よい
3
無駄なく,飛躍なく説明
でき,答えを求めること
ができている
相似な2つの直角三角形
をつくり,必要な長さを
記入できる
合格
2
答えを求めることができ
ているが,無駄や飛躍を
一部含んでいる
必要な長さや角の大きさ
を測定し,直角三角形を
つくることができる
もう
少し
1
解を求めることができて
いない
必要な長さを測定できず,
図がかけない


明治図書『教育科学/数学教育 2016年10月号』p.8

この例の観点は2つですが,3つでも4つでもOKです。
アクティブ・ラーニングなので,「コミュニケーション」という観点で,
活発に発言している・・・3点
しっかり聞いて理解できている・・・2点
あまり議論に参加していなかった・・・1点
というのも追加してもよいかもしれませんね。


次は,「全体的なルーブリック」です。
こちらは観点を1つにまとめたもので,短い課題に対してサクッと評価したいときに向いていますね。



ルーブリックの具体例
よくできるできるもう少し
指定された言葉をすべて
使って,筋道立てて方程
式の解き方を説明してい
指定されたいくつかの言
葉を使って,筋道を立てて
方程式の解き方を説明し
ている
方程式の解は正しく求め
ているが,指定された言
葉を間違った意味で説明
している


明治図書『教育科学/数学教育 2016年10月号』p.11

アクティブ・ラーニングでは,課題とルーブリックをペアで用意する必要がありそうですね!




アクティブ・ラーニングの事前準備




この記事を含めて,当ブログではアクティブ・ラーニング関連の記事を7本投稿しています。
関連カテゴリ・・・アクティブ・ラーニング


これまでの記事をもとに,アクティブ・ラーニングに必要な準備をまとめてみたいと思います!


・アクティブ・ラーニングに必要な基礎知識・・・講義型授業で知識・技能を習得する。
(・適切な課題の設定)
(・意見が活発に出るようなグループ分け)
・アクティブ・ラーニングの設計図となるプリント・・・課題に取り組んだ結果をまとめるもの。授業後に回収する。
(・議論が活発になる工夫・・・必要に応じて質問をする。過度な介入は逆効果。)
・ルーブリック・・・課題によって適切なものを作成する。




ツイッターによるアクティブ・ラーニングの情報収集が日課となっております。
アクティブ・ラーニングに対して賛否さまざまな意見がありますが,
「聞くだけの講義型授業は変えた方がいいかもね~」
という意見が多数派のように感じます。


また,外国ではアクティブ・ラーニングを日常的に行っているようで,外国の授業を経験したことある人が
「日本の授業は退屈だ」
といったことをツイートしていました。


これに関連すると思いますが,
「日本人の気質とアクティブ・ラーニングは合わない」
という意見もちらほら見かけます。


何事も,最初はとまどって当然です。
これから,『日本人に合ったアクティブ・ラーニング』を模索しましょう!
・・・というか,各地ですでに始まっています^^;


さらに,成功例・失敗例を集めてグレードアップしましょう!
情報や,ご意見をお待ちしておりますm(_ _)m


それでは~


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-100%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。