記事一覧

ブログを「書く」,「運営する」ための厳選3冊+1記事!

こんにちは。こんばんは。


私がこれまでに読んだ本の中で,「タメになった!」と心底思える3冊+1記事をご紹介します。
次のような方にオススメです!
・書きたいテーマ,得意なテーマがあり,ブログを始めてみようかな~と考えている方
・文章を書いた経験があまりなく,「書く」ことに自信のない方
・何個かネタは思いつくが,そのネタを書きつくした後続けられるか?と不安な方


軽く当サイトについて自己紹介をさせていただきますm(_ _)m
私自身,上のような状況からブログを始めてみました。
・ブログ『マスあくありうむ』,ホームページ『【高校数学】例題&問題集』を運営
・ブログを始めた動機は,情報発信力を付けたいと思ったから
・ブログのコンセプトは【高校数学が「苦手・嫌い」な人が,「好き」になることをお手伝いする学習支援サイト。】


ブログの運営にあたって,最初から完成形を想定してそれを目指して作る,というのは現実的ではないようです。
実際に始めてみるといろいろ(良い・悪い両方向の)想定外のことが起こり,途中で軌道修正が必要となることもあります。
当サイトも,今のような形,方針になるまで紆余曲折がありました(-_-;)


これから紹介する本・記事についても,始める前にこれらを熟読しましょう~,という主旨ではありません。
まずは始めてみて,必要に応じて読んでみてください,というスタンスです。
書評は記事になりやすいので,むしろブログの運営を始めた後に読んだ方がよいかもしれません。


sea-1337565_640.jpg


イケダハヤト著『武器としての書く技術』




この本で,ブログに関するほとんどの情報が得られます。
・読みやすい文章
・更新頻度の重要性
・ネタの探し方・生み出し方
・ブログのPV数と得られる収益(マネタイズ)


これからブログを開設しようとしている人へ。
まず,今頭の中にあるブログ記事を実際に投稿して,その後この本を読んでみてください。
実際に行動を起こした後だと,この本で語られていることが実感として理解できるはずです。
(投稿した記事は,後でリライトするなり削除することも可能なので,ものすごく気負う必要はありません)


2013年発行の本ですが,今でもツイッターで「タメになった!」というのを見かけます。
・読みやすい文章が書きたい
・多くの人に読まれたい,情報発信力を身に付けたい
と考えている方,必読です!


私が,この本を読んでタメになった!という,今現在実践していることを紹介します。
それは「言い切ること」です。
何事も断定することには抵抗があり,「~~~だと思います。」とか「~~~かもしれません。」といった表現を使いがちです。
しかし読み手からすると,「結局何が言いたいの?」となってしまいモヤモヤ感が残る場合があります。
これはなかなか自分では気づきにくく,本書から得た大きな気づきです。


「書くことで考えが整理される」ということも本書を読んだりブログを始めてみてわかったことです。
この本に,「ブログは脳の外付けハードディスク」という表現がありますが,まさにそんな感じ!
頭の中で考えていると,アメーバのように考えが広がりまとまらないことがあります。
それを文字にしてみると,ぜい肉がそぎ落とされる感じで,考えるべきことがフォーカスされて頭の中がスッキリします。


また,この本に書かれていて,その通りだとは思うけど実践できていないことがあります。
「語尾に変化を付けること」です。
本書で,語尾に変化のない文章と変化のある文章が並べられており,確かに変化のある方が読みやすいです。
・・・自分の場合,無理に語尾に変化を付けることが負担となってしまいました。
なので,スムーズに文章を書くことを優先して,語尾に変化を付けることは断念しております。


ブログでは,次のようなことがあるので,まさに「継続は力なり」の世界です。
・記事がストックされるとブログのドメインが強化される
・記事を多く書き投稿することで,文章を書く力が付く
「書き続けることで,道は開かれる!」



関連記事
・・・2013年発行の『武器としての書く技術』は,今読んでも刺さる




為末大著『諦める力』




この本は,ブロガーに限らずすべての人にとっての必読書です!
目標があって努力するが,結果が出ない・・・
誰でも経験があると思います。私もブログがまさにそうで,なかなかPVが伸びません(泣)


「努力が足りてないだけだ!」という根性論が書かれているわけではありません^^;
ご安心ください。
本書では,自分をとことん冷静に・客観的に見つめることの重要性が書かれています。
これは,ある意味もっとも厳しいことかもしれません。
「自分の能力はこのくらいだから,これはできる可能性があるけど,あれはできない」
と判断するところからスタートします。


「頑張れば夢がかなう!」は,ある意味思考停止状態で,本当に目標を達成する態度ではない可能性があります。
・目標は達成可能か,本当に達成したいことは何か?
・努力は足りているか,方向は正しいか?
このようなことを主張する本には初めて出会い,衝撃を受けました!


ブログには決まったやり方がなく,いろんな方法で成功している人たちがいます。
もちろん,できることなら全部マネしたいのですが,できることとできないことがあります。
まずはサボっていないかどうかチェックして,その後「諦める力」の登場です!
自分が勝負できる土俵を探し,ほかのことは一切諦めて,目標達成への最短距離を突っ走りましょう!


この本の一番いいところは,「どうせだめだ~;;」と投げ出さなくなることです。
立ち止まっている時間はありません。できること・やるべきことを探しましょう。
自分を冷静に分析すると,スッパリやめてしまうことに対しても罪悪感はなくなります。


頑張っているのに結果が出ないことに対して,これまでは「もっと頑張れ!」とか「才能がないから無理なのかな~」
といった苦しくなる選択肢しかありませんでした。
本書に出会い,「勝てないのは努力が足りないからじゃない」という考えに触れて,一気にラクになりました!
未読の方は,ぜひ読んでみてください!



関連記事
・・・【読書日記】あなたには,「諦める力」ありますか?為末大著『諦める力』を紹介します!




岩崎邦彦著『ブランドづくりの教科書』




この本は,ある程度ブログの形が見えてきた後で読むと効果的でしょう。
他と差別化することのノウハウが書かれているからです。


実在する「アメーラ」というミニトマトが,なぜブランドとして認知され市場に受け入れられているのか?
具体的な事例が多く出てくるので,説得力バツグン! とても読みやすいです。


アメーラ以外にも,多くの成功したブランド・会社について書かれており,何となく法則のようなものが透けて見えてきます。
「このブランドと言えば,コレ!」というものがあれば認知されやすくなる,ということはそうだろうな~と理解できます。
では,そのような存在になるにはどうすればよいかということが,この本に書かれていることです。


「ブランドづくりは,引き算である」という項目があります。
「あれも,これも。」と手広くやりたくなる気持ちを抑えて,まずは柱を作る必要性について書かれています。
これを受けて,当サイトも
「マスあくありうむ」=「高校数学が苦手な人が見るサイト」
となれるように,日々更新していきます!



関連記事
・・・【書評】『ブランドづくりの教科書』ミニトマトから,ブランドづくりを学ぼう!
・・・【書評】『ブランドづくりの教科書』 ネーミング,ターゲット,体験について




今日はヒトデ祭りだぞ!『働きながら雑記ブログで月間100万PV達成してるから、自分なりのアクセスアップの方法・考え方を全部書く 』




このテの記事はたくさん読んできたのですが・・・
衝撃でした!
非常に有効なノウハウが満載です!
この記事も,ある程度ブログ記事のストックがたまってきたときに読むとよいでしょう。
「プリントアウトしてじっくり読む」といったツイートも見かけましたが,勉強になること請け合いです。


この記事を読んで,ナルホド! これから実践しよう!!
と思ったことを紹介します。
それは「いい記事を書くこと」です。
・・・当たり前やん! というツッコミが聞こえてきそうですが(笑)
この記事では,PV数を上げるためには「とにかく検索。なにはともあれ検索。検索検索!」と書かれています。
そして,検索エンジンで上位表示されるためには,面白い・得した!と思えるような記事を書く必要があります。


これまではブログの存在感を高める,文章力の修行として,更新頻度を重視していました。
・・・しかし,記事のクオリティが高くない状態で投稿することもしばしばでした。
当ブログでは,1つだけよく読まれている記事があります^^; 次の記事です。
関連記事・・・【数学】新課程2年目となる2016年センター試験が終了。これを踏まえて2017年のセンターについて考えてみる。
これだけで,全体の20%のPVを稼いでいます。


自分の性格や100記事以上のストックがあることを踏まえて,更新頻度を死守することを変えてみようと思いました。
これから書く記事は,しっかりとした情報量があるかどうかを投稿する基準にします!
これで変化が出ることを期待して・・・
また,しばらく経った後に状況を分析して,やり方を模索していきます。


さらに,リライトの重要性についても書かれています。
「いい記事を0から1を生み出すより,1のものを2にする方がラク」といった記述があります。
まだ検索に引っかかるいい記事が少ないので,実践できませんが。。。
このような言及も,説得力バツグンで非常に勉強になりました!






以上が,約100記事投稿した後に振り返ってみて,タメになったな~と思える3冊+1記事です。
これからブログを始めるという方は,最低限自分の得意分野を明確にしておいた方がよいでしょう。
いい記事を書くとよく読まれる→自分の得意なことは熱い記事が書ける
という流れがあるからです。
ブログ記事にしやすいこととしにくいことがあるので,まずは得意分野を整理してみてください。


これからブログを始める人,始めてみてやり方を模索している人の参考になればうれしいです!
それでは~


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-100%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。