記事一覧

最低限クリアすべき「ニーズ」と,その商品やサービス特有の「ブランド」

こんにちは。こんばんは。


商品を売るとき,サービスを広めたいとき,そしてブログのPVを伸ばしたいとき,「ブランディング」は重要な考え方です。
しかし,一歩間違えると逆効果になりかねないな~と,先日ふと思いました。
この記事を読んでいただいている皆様の,商品・サービス・ブログなどの改善につながれば幸いです!


dog-1805983_640.jpg


最低限クリアすべき「ニーズ」とは?




そこをクリアしなければ,購入してもらえない・利用してもらえないラインというものがあります。


自動車の場合


自動車では,
・安全性能
・燃費
あたりが一定の水準にないと,購入しようとは思いませんよね。


飲食店の場合


食べ物屋さんでは,
・栄養
・清潔さ
が一定の水準にないと,いくらおいしくても2度目はないな~となるような気がします。


デザインや,こだわりの産地なども気になりますが,それは基本をクリアした後の条件ではないでしょうか。


先日ふと思ったのは,まさにココです!
他と差別化しようと「ブランディング」を意識するあまり,基本への意識がおろそかになっていることに気付いたのです(泣)


・他と大差ないが,基本は押さえている
・他との差別化ができているが,基本が一定の水準に達していない
どちらを選びますか?
~~~
当然,上を選びますよね。。。
もちろん,通常は基本を押さえている複数の中から選ばれる必要がありますが。。。


結果が出ないとき,焦って何でも試してみようとジタバタしますが,最低限クリアすべき「ニーズ」は必ず押さえなければいけません。
このことを忘れずに,「ブランディング」に取り組みたいものです。(←自戒を込めて。。。)




その商品やサービス特有の「ブランド」作りと「ニーズ」




最低限クリアすべき「ニーズ」をクリアしつつ,他と差別化するとなると,意外と難しい場合もあります。
そのようなときに,基本をおろそかにする危険があります。


・ウチの商品が一番〇〇です!
・ヨソにはない,ウチ独自の特徴があります!
「ニーズ」をクリアしつつ,上のようなことを盛り込められたら「ブランディング」成功ですね^^


しかし,一番になったり他にはない特徴を出したはいいけど,あまりニーズがなければ売れません(泣)
・ウチのクルマが一番スピードが出ます!
・ウチのラーメンを10杯食べると,お椀がもらえるよ!
~~~
うーん。。。やってみなければ分からない部分はありますが,たぶん大ヒットはしないでしょうね^^;


「やってみなければ分からない」という言葉には注意しなければなりません。
ニーズをとらえていないものは,100%失敗します。ニーズがないのだから。
ニーズはよく観察すればとらえることができます。


結論としては
・まず,「ニーズ」をとらえる
・その次に,可能な限り「ブランディング」に取り組む
となります。




やっぱり重要な「ブランド」作り




やっぱり売れているものは,何かしらの「コンセプト」があります。
「〇〇と言えば,コレ!」
という存在になることが,「ブランディング」ですね。


モノやサービス自体は普通でも,使い方の提案の仕方や,伝え方次第で世の中に受け入れられることもあります。


まとめると
「ブランディングは大事だが,ニーズをとらえているかどうかの方がもっと大事。まずはニーズをとらえよう。」
となります。
皆さまの改善の一助になれば幸いです!


それでは~


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-100%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。