記事一覧

アクティブ・ラーニングに関するツイート集【2017年4月の集計】

こんにちは。こんばんは。


当記事はタイトルにもあるように,アクティブ・ラーニングに関するツイートを月ごとに集めたものです。
2016年9月~2017年3月のツイート集は以下のカテゴリにまとめています。
(以下のカテゴリには,ツイート集以外のアクティブ・ラーニング関連の記事もあります。)
関連カテゴリ…アクティブ・ラーニング


kangaroo-1409660_640.jpg


4月は,変化の月,スタートの月ですね。
アクティブ・ラーニングに関するツイートをたくさん見かけました。


デジタル教材を活用することは不可逆的な流れでしょう。
また,受け身の態度で授業に参加することは,これからは良くないこととして評価されるでしょう。


では,これからはどのように変わっていくのでしょうか?
議論のための基礎知識は必要であり,また,朝から夕方まで討論をするとグッタリ疲れますよね^^;
これまでの授業スタイルは変わるのは前提として,持続可能なスタイルを模索している,というのが現状でしょう。


アクティブ・ラーニングに関する意見なら,どのような意見も公平にRTしたつもりです。
2022年の新課程を迎えるにあたり,2017年4月にはこんなことがツイートされていたという資料になれば幸いです。
ツイートしたご本人からの載せないでほしいという意向には,迅速に対応しますので,ご連絡をお願いしますm(__)m


ここでまとめるものは,RTやファボが多いものをピックアップしました。
それでは,ご覧ください!






























たくさんのツイートをご覧いただき,お疲れ様でしたm(_ _)m
最後のツイートは,強烈な皮肉ですね。。。
一定量の座学は残る,という状況証拠的な事例です。


「主体的・対話的で深い学び」という文言が新指導要領に出てきます。
数学における「対話」は,問題とその解答がまさにそれです。
他の教科に比べて,対話が内容に溶け込んでいる数学は,深い学びが実現できているのではないでしょうか。


今の授業スタイルは,変えるべきところもたくさんあるけど,継続するべき(変える必要がない)ところもたくさんある。
それを,どのように見極めるかということが,今なされていることですね。


理解が深まるデジタル教材や,興味・関心が高まる授業スタイル,学習効果が高まる発問の仕方を共有していくことが,改革につながるのでしょう。


ところで,マストドンというSNSが利用者を増やしているそうです。
その中の,Mathtodonというインスタンスでは数式が記述できるそうです。
数式入りの500文字の文章が投稿できるツイッター(のようなSNS),それがマストドンです!


私もまだ詳しくはないのですが,マストドンで高校数学の議論が盛んにおこなわれるようになれば,そちらの投稿も拾ってみたいな~と思います。
現在は様子見の段階ですので,いい情報があればお教えくださいm(_ _)m


一連の集計が,2022年の本番に役立てば幸いです!


それでは~


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-66%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。