記事一覧

身近なものが,実は特殊 ~数学の問題からの考察~

こんにちは。こんばんは。


今回の記事は雑記です。
1400字程度のボリュームなので,5分程度の時間つぶしになるかと思います。


数学の問題を作るとき
「学習したい項目をクローズアップするため,他の要素は排除する」
ということがあります。


具体的には,
・平方完成の手順を習得するため,xの係数を偶数にして計算途中に分数が出ないようにする。
・公式を覚えるための問題では,公式の中の数字を問題の値としては使用しない。
 →例:余弦定理a2=b2+c2-2bccosAでは,辺の長さを2としない。
などです。


すべての学習項目の最初の方の練習問題では,複雑な計算にならないように配慮されています。
公式が正確に覚えられているのか,計算ミスなのかが区別できなくなるからです。
このような配慮は最初だけで,数学の問題全体から見ると特殊な問題です。


学習項目の最初の方の問題といえば,どちらかというと身近な存在ではないでしょうか。
この「身近なものが,実は特殊」ということがいろいろあるな~,と思ったので列挙してみます。
最初に見たときは「これが当たり前」と思うが,学習・理解が進むと「実は特殊だったんだ!」と思い直すことが結構ある気がします。


それでは,見ていきましょう~


rice-ball-1919629_640.jpg


自然数




小学校で最初に扱うのが自然数です。
手の指を立てたり折ったりして考えたりしますね。


学年が進むにつれて,整数,実数,複素数,というように広がっていくと,自然数は特殊な存在だということがわかってきます。
数直線を考えたとき,自然数は実数の中のほんの一部ですね。


数の中のほんの一部である自然数で,日常生活の中の数を考えるほとんどの場面がカバーできるというのは,不思議な気がします。




人間




生物の中で,人間ほど特殊な存在はいないですよね。
人間として生まれたのだから人間が身近な存在なのは当たり前ですが,生物全体の理解が進むと人間がいかに特殊な存在なのかがわかってきますね。


最初は哺乳類の仲間だったのですが,徐々に知能が発達し,やがて他の生物とは一線を画すようになりました。
全生物の中で,人間として生まれる確率はどれくらいでしょうか。




日本




世界各国,さまざまな特徴がありますが,日本の特殊性は突出している気がします。
深く知ることでその特殊性が理解できる面はあるのでしょう。
逆に「一般的な国」というものはないですが,それにしても特殊だと思ってしまいます。


人間として生まれたうちの「日本人」となる確率はほんの数%ですね。







物質の中で,水はかなり特殊です。
常温で液体といういうのはなかなかない性質です。


生物の身近に水があることは,当たり前のことのようですが,物質の理解が進むにつれて水の性質は特殊だな~と思った記憶があります。




地球




天体の中で,地球は特殊です。
「水」と同じような理由ですが,地球のような惑星は極めて希少な存在でしょう。


宇宙には数えきれない惑星がありますが,生物が存在する惑星はまだ確認できていません。




最後に




まわりに「こんな特殊な人はあまりいない」と思う人はいませんか?
身近なものが,実は特殊というケースは,意外とあちこちに転がっているのかもしれません。
が,1つ1つのケースを考えると,「こんな特殊なのが,なんで身近に?」と思うことがあります。


今回は思い付いたテーマを勢いで書いてみました(笑)
読んでくださった方が何か思ってくだされば幸いです^^


それでは~


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-100%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。