記事一覧

高校数学を,アクティブにラーニングすると,こうなる。

こんにちは。こんばんは。


これまで,アクティブ・ラーニングについて本を読んだり,ツイッターを観察したり(ときにRT,ファボをしたり)しながら,私なりに知見を深めてきました。
その総まとめとして,高校数学を学習する中で,効率よく・無理なくアクティブ・ラーニングを取り入れるとこうなる!
という感じで連ツイしました。


これからの大学入試では,1点刻みの合否判定から脱却し,「主体的・対話的で深い学び」が実現されているかどうかが重視されることも加味しています。
それはつまり,その後の人生で実際には数学を使わなかったとしても,学生時代に数学を勉強することを通して身に付けた力が人生の役に立つことを目指しています。


当記事の主題から少しそれてきました。
それたついでに,数学の対話では
G.Polya著『いかにして問題をとくか』が偉大な本だな~といつも思います。
生徒に対話をさせようと思う数学の先生は,『いか問』に注目することでしょう。



当記事の主題に戻りましょう~


以下の連ツイでは,アクティブ・ラーニングによって数学の一連の学習がどう変わるか?あるいはこれまでと変わらないのはどこか?ということを,全体が見える形でまとめています。


今度の教育改革を迎えるにあたって,何らかのお役に立てば幸いです^^
それでは,ご覧ください!



group-1825509_640.jpg





















こんな感じで思い付いたことを連ツイしたりするので,よければツイッターのフォローをお願いしますm(_ _)m



それでは~


記事のタイトルとURL をコピーする!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うき

Author:うき
数学好きの会社員です。

サイトのプロフィールはこちら

ブログで「数学は楽しい」,「数学は役に立つ」といった記事を更新しています。
数学が「苦手・嫌い」な人が,
「好き」になることをお手伝い!

ホームページ
「【高校数学】例題&問題集」
にて,教科書レベルの教材を無料公開しています。
現在の網羅率:数学Ⅰ-100%
       数学A-100%
       数学Ⅱ-66%
       数学B-100%
       数学Ⅲ-0%

こちらの記事で,高校数学関連サイトを紹介しています。
関連記事・・・【一目瞭然】高校数学関連サイトを一挙に紹介!


当サイトはリンクフリーです。
また,引用元を明記していただければ,記事の部分的な引用も自由にしてください!

当サイトでも公開されている記事についてリンクを張らせていただいたり,引用元を明記して記事を部分的に引用させていただくことがあります。
ご連絡いただければ,リンクや引用は削除いたします。



follow us in feedly

Amazon.co.jpアソシエイト


書評はこちら

いつも中途半端になってしまう人向けです。 ガンバリが足りないのではなく,しなくてもいいことをしているのでは? 本当にやりたいことがみつかる1冊です。


関連記事はこちら

数学の問題の解法が教えたいのではなく,しっかりと本質を理解させたい人向けの1冊。